成長・促進

ちびっこBEACH SAVER パークは
幼児・小学生の身体や脳の発達を促す効果があるパーク

5才〜12才(年長〜6年生)動作・技術を短時間で覚えることができる
一生に一度だけの貴重な年代(即座の習得)に
「外遊び」「多様な動作」を親が子供に、そっとさせてあげることが、
子供の発達成長を支え、創造力を高められるといわれております。

「ちびっこBEACH SAVER パーク」では、このパークと砂浜・海とともに、STAFFで力を合わせて、
「子供達の笑顔」と「子供達の成長」を応援していきます。

外遊び×多様な動作

「外遊び」や「多様な動作」が子供達の身体や脳の発達につながります

  • 体の発達を促す

    さまざまな動きを経験することで、体の筋肉がバランス良く鍛えられるとともに、心肺機能、骨の形成などの発達にも良い影響を与えます。また、疲れるまで遊ぶことで体力がつきますし、夜しっかり眠ることができるので、健全な生活リズムを保ちやすくなります。

  • 体と脳の発達が精神的成長、学習能力向上につながる

    小学生に、毎日継続して身体運動を行った結果、学力の向上が見られたという実験結果も出ています。大人も、仕事で疲れたときに軽く体を動かすことで、頭がスッキリすることがありますよね。つまり、体を動かすと脳に刺激を与えることができるのです。

  • 脳の発達を促す

    興奮したり、興味をもったりして、思いっきり体を動かすことで、あらゆる神経が刺激されて脳の前頭前野が活発に働きます。前頭前野は意思や集中力、がまんする力をつかさどるところです。幼児期に前頭前野を活発に働かせることは、お子さまの精神的な落ち着きや集中力につながります。

  • コミュニケーション能力向上にもつながる

    公園や遊べるスペースにはさまざまな年代のお子さまがたくさん遊んでいます。初対面でも楽しくみんなで遊ぶことで、積極性やコミュニケーション力が身につきます。ただし、恥ずかしがりのお子さまの場合、無理に「一緒に遊んでくれば」と言わないようにしましょう。緊張して楽しく遊べなくなってしまうことがあります。

ちびビーパーク×海・砂浜 (自然)

「ちびっこBEACH SAVERパーク」と「海 (自然)」で、身体づくりに必要な36の動作を体験できます

36の動作
36の動作

※引用:国立大学法人山梨大学 / 学長 中村 和彦
(なかむら かずひこ)
https://www.yamanashi.ac.jp/about/42234

各SNSからも、現場の状況や天候での急な変更等、最新情報をお知らせしますので、是非ご登録ください!
※SNSはNPO法人海さくらが運用しています